歯周病対策。 歯磨剤

巷でよく耳にする「歯垢」とは細菌の集合体、塊です。プラークとも言います。
たまに誤解されていますが、食べ滓の集合ではありません。
この歯垢が硬くなったのが歯石です。
歯石になってしまうと、もう歯ブラシで落とすことができなくなります。

ここで大切な知識。
歯周病は、歯垢(歯石)が存在しなければ存在しません。
歯周病の原因はすべて歯垢(歯石)にあるのです。

従って、歯周病を予防または改善するためには、まずブラッシングが重要と言うことになります。

歯ブラシの時に使う歯磨剤。何がいいのとよく質問がされます。
味気ない答え方だと、何でもいいですよ。お好みの物を。
先生によっては使わなくてもOKとの回答もあり得ます。

歯磨剤
色々薬効成分をうたっている商品がありますが、口の中にあるのは長くても数分間。
大きな薬効を期待するのは難しい所でしょう。

中でも、消炎効果(炎症をしずめる)を強調する製品が目立ちますが・・・。
腫れをしずめる、出血を抑える、歯茎を引きしめる・・・
仮にその通りの効果があっても、原因の歯垢が残っていて治癒するはずがありません。
歯磨剤を選ぶときはこの点をお忘れなく!
逆にきちんと歯垢が除去できるのなら、使わなくてもいいよ・・ということにもなるのです。

ただ、私は少量ですが使ってます!!
長期間使わないでいると歯の表面がざらざらしやすくなります。
これは、これで良くないのではと思っています。

歯周病  歯磨剤の続き・・

塩で磨くのはどうですか・・?
塩が一時的に歯肉に来ても、はたしてそれで殺菌できるのか・・疑問です。
でも、マッサージ効果があるのでは・・・・

歯肉のマッサージ
前回お話しましたように、歯周病の原因は歯垢(=細菌)です。
マッサージして、血液の循環が良くなったとしても、歯垢が残っていれば・・・・?ですね。
「でも、歯ブラシでマッサージするようになって改善してきたよ 」
これはあるかもしれません。
歯頚部(歯の歯肉との境目部分)の歯垢がマッサージと同時に除去されきたということかもしれませんね。

ウォーターピックはどうですか? 

たまに質問があります。

結論から述べますと、以前から水流では歯垢は除去できないとされています

流行が下火になってきたのか、メーカーの商品サイトは今回確認できませんでしたが
当時の商品の説明には歯垢を除去できるとの記載は無いはずです。
「歯垢の原因となる食物残渣等を有効に除去する 」等々、表現に苦心されています。

エアー式?の製品もあるようですが。
とある製品の説明を見ると「歯間にたまった歯垢を除去します。」と書かれています。
すなわち、歯と歯の間にたまった歯垢を除去するということで、
歯面に付着した歯垢まで除去するとは言ってないようです。

洗口剤、マウスウォシュはどうですか?      歯周病  清掃ケア

歯周病の原因は細菌=歯垢、歯石です。これをしっかりと除去するのが最も有効な歯周病対策です。
その基本はブラッシング、そしてスケーリング等により機械的にプラークや歯石を定期的に除去(メンテナンス)することです。


洗口剤
クロルヘキシジンや塩化ベンゼトニウム等の殺菌剤による洗口はポケットの深部までは作用しないとされているものの、歯周病への一定の効果が認められており海外でも評価されています。

実は個人的には、歯周ポケットの中まで効くわけではないということで、これまで積極的には勧めていませんでした

ある患者さん、来院された時点で歯周病が中等度以上進行していました。
その後、熱心にブラッシングに努められ、メンテナンスも継続して来院されているのですが・・
いつまでたっても歯周ポケットの深い部分の改善がみられないで悩んでいました。
セルフケアが十分でない患者さんの症状が改善しないのはなんとも致し方がない面があるのですが、
いつも丁寧にブラッシングされメンテナンスにも来られている患者さんの症状が改善しないのは歯科医としても辛いところです。
 
その後、洗口剤(塩化ベンゼトニウム含有)を併用してみようと処方し始めたところ・・
それまで変化がなかった歯周ポケットが徐々に浅くなりはじめ、歯肉が締まってきたのです。
失われた歯槽骨レベルはそのままですが、歯周ポケットは劇的に浅くなり、その後の歯槽骨のレベルも安定しています。
この効果には正直驚きました。
それからは、同様のケースには処方するようにしているのですが、もちろん効果のある人、あまり変わらない人それぞれおられます。が、ひとつ共通しているのは、多くの患者さんが自身の口腔内の状態の変化を自覚され、継続使用を自ら希望されるということです。(ただし、これは保険治療用の医薬品なので症状のある方、処方の必要のあると認められる方にしか使えません。)

 同等以上の効果が期待されると海外の文献でも述べられているクロルヘキシジン含有の洗口剤が日本でも市販されているのでこれを使うのもよいかもしれません。
一つ残念なのは、その効果が述べられている濃度は0.1~0.2%であるのに対して、日本国内では原液濃度が0.05%以下に規制されており、実際の推奨使用濃度は0.01%程度とのことなので、その効果は限定的かもしれません。

その他の、数多くある洗口剤、マウスウォシュ等、商品名を挙げればきりがありません。
そして、その殺菌成分の種類や濃度等はおそらく低く規制されており、効果はあまり期待できないのではと思っています。

ただし、
歯周病対策の一番の根幹はブラッシング、
そしてスケーリング等により機械的にプラークや歯石を定期的に除去(メンテナンス)することに変わりは有りませんのでお忘れないよう。

歯垢、歯石・・,どう違うの?

歯垢歯石、共に良く耳にする言葉ですね。
さて、その違いご存じでしょうか。

歯垢はプラークとも言います。
歯の間や、生え際を爪楊枝で引っかくと、白くてネバネバしたもの取れることがあると思います。
これが歯垢(プラーク)です。
歯垢は食べカスとか、歯の垢(あか)ではなく、細菌のかたまり100%です。

口の中の細菌には、粘着性の物質を出し集合体(コロニー)を作る性質を持つものがあります。
その中に他の種類の細菌も居候して集まった多数の種類の細菌の塊です。
僅か1mgの中に、約300種類、数億~10億個もの細菌が棲んでいると言われています。

歯周病、そして虫歯も、その原因はすべてこの細菌によるものです。 

歯石は、この歯垢が、唾液の中のカルシウムなどのミネラルと結合して硬くなったものです。  歯石になると歯ブラシでは取り除くことができません。 放置すると歯石はどんどん硬くなり、蓄積していきます。歯石の表面はざらざらしていて、歯垢が付きやすいのです。

この歯垢と歯石の連合体が、歯周病の原因となり、さらには動脈硬化、心疾患、糖尿病、など全身疾患の原因にもなってくるのです。

歯周病の罹患率は、20歳代でも約7割、
            30~50歳代は約8割、
               60歳代は約9割と言われています。
 
 何の対策も無しに、歯周病と無縁という人はまずおられないのではないでしょうか。

歯周病の原因は、この歯垢と歯石です。

これらが停滞しない状態を作れば、歯周病の症状は無くなります。
歯垢を取り除くには丁寧なブラッシング、
歯石を取り除くには定期的な歯周のメンテナンス


この2つがとても大切です。

プロフィール

shikai7

Author:shikai7
広島市中区の歯科医師です。
大阪大学歯学部卒業後、阪大歯学部付属病院補綴科に12年勤務した後
広島市中区にて開業。
日本補綴歯科学会 専門医・指導医の立場から、
歯並び・歯周病・虫歯・義歯・・審美歯科まで幅広く疑問に答えていこうと思います。
ホームページ: http://www2.plala.or.jp/OTANIshika/

広島市中区大谷歯科クリニックHP   へのリンク・その他
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ王ランキングに参加中!