抜歯しましょうといわれました。残せませんか?

抜歯せざるを得ないケース。 どんな場合でしょうか・・・
各項目の詳細については、また機会をみて述べていきたいと思っています。

①歯周病の進行による動揺の大きくなった歯
歯を失う最大の原因は歯周病でしょう。
歯周病の進行具合における抜歯の判断基準は各Drによって、まさに様々です。

著名な歯周病の専門の先生の講習で、
「望みのない歯は早期に見切りを付け、残りの歯を徹底して残していきます。」というお話を聞き驚いたことがありました。
専門家が冷静になって考えると、なるほどと納得できるお話なのですが・・・
一本の歯にも愛着を感じられ、残すことを切望されている患者さんにとっては、なかなか受け入れがたい話かもしれません。

大学病院勤務の頃、どこまでの症状の歯が残せるか、なかば挑戦していたような時期がありました・・・
抜歯の是非の判断は、
その歯だけでなく他の残存歯の状況、全身の状態、そして患者さんのモチベーションにより大きく左右されてきます。
まさに、これもケースバイケースです。

一つ確かなのは、歯根の尖端まで歯槽骨が無くなっている場合
どんな方法をもってしても保存は難しいということです。
そして、そのような歯をあえて温存することは、隣在歯の歯槽骨をも失う可能性があるのでお勧めしません。

②歯根の破折
歯周病と並んで抜歯の原因として多いかもしれません。
根っこの先近くまで、縦に割れている場合はまず難しいです。

③虫歯、カリエス
意外かもしれませんが、実はかなり重症な虫歯でも、抜歯せずに治療できる場合が多いです。
歯根の部分に破折等が無く健在であれば、抜歯せずに治療できる可能性は案外高いものです。

④根尖病巣
「根っこ(歯根)の先に大きな膿の袋があり、抜歯です」と言われた。
よくあるケースです。
歯周病で動揺がひどくなったりするとご自身でも納得できるのですが、自覚症状が無い場合等はなおさら承服出来ません。
この根尖病巣、難治性や、腫瘍が原因の場合も中にはあるのですが・・
実際治療してみると、治っていく歯もかなりあります。
御本人の希望もありますが、「治療せずに抜歯・・」はもったいない気がします。

⑤矯正
歯並びが悪くなるのは、顎の大きさに対して、歯の横幅の合計が大きく、並びきれていないことが多いのです。
これを矯正してきれいに並べるためにはスペースがいるので、
抜歯して歯の総数(歯の横幅の合計)を小さくする必要が出てきます。
これを便宜抜歯といいます。

HPlogo2.jpg
↑クリック!
プロフィール

shikai7

Author:shikai7
広島市中区の歯科医師です。
大阪大学歯学部卒業後、阪大歯学部付属病院補綴科に12年勤務した後
広島市中区にて開業。
日本補綴歯科学会 専門医・指導医の立場から、
歯並び・歯周病・虫歯・義歯・・審美歯科まで幅広く疑問に答えていこうと思います。
ホームページ: http://www2.plala.or.jp/OTANIshika/

広島市中区大谷歯科クリニックHP   へのリンク・その他
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ王ランキングに参加中!