朝の六本木で、自転車に轢(ひ)かれる。

学会参加の翌日。
しずかな日曜の朝、六本木の街を歩いていました。
この先国立新美術館との案内標識をみながら、東京ミッドタウンの高層ビルを横目に、
久々にのんびりとした気分で歩いていました。

ふと耳をすますと、はるか後方から自転車の呼び鈴を連打する音が近づいてきています。
「チリチリチリーン、チリチリチリーン、チリチリチリーン・・」

振り返って見ると、
7~80m後方でしょうか、ママチャリ風の自転車がこちらに迫ってきています。
歩行者優先の歩道で自転車の警告音を鳴らして歩行者を排除するのは御法度のはず。
こんな輩(やから)が、この六本木にもいるのかと、変なところで感心しながら広くはない歩道の端によって歩いてました。

自転車は、絶え間なく呼び鈴を連打しながら後方に迫ってきています。
どうも、自転車の主はひさしの大きい帽子を目深に被った、思ったより若めの女性のようです。
「スミマセーン、チリチリチリーン」 
「スミマセーン、チリチリチリーン、チリチリチリーン、チリチリチリーン」
「スミマセーン」
チリチリチリーンとスミマセーンの連呼と共に近づいて来て、一瞬の間に私の右側を抜き去っていきました。

なんと、呼び鈴連打の主は白人のご婦人でした。

自転車呼び鈴連打=おばちゃん(もしくはオッチャン)という既定路線を完全に覆された私は、
呆気にとられながら、走り去っていく自転車の主を視線で見送っていました。
「さすが六本木・・・」根拠のないフレーズが、混乱したままの頭に渦巻いていました。
 
と、突然・・・
「ガシャーン」という爆音と共に、私の背後に衝撃が走りました。


我が身に、何が降りかかったのか判らないまま経過した時間は、数秒でしょうか・・
我に返ると、そこには子供用の自転車が、斜めになって止まっていました。
なんてことをするんだ、善良(かどうかはともかく)無実な歩行者に後方から不意打ちを食らわせるとは・・
早速非難するところですが・・・、

赤い自転車用のヘルメットを被った自転車の主は、5歳前後でしょうか、青い目をしたかわいらしい白人の女の子でした。
私と視線が合うと「すみませーん」と本当に申し訳なさそうにうつむいています。

こんな罪もない?女の子を非難するような非道はさすがに持ちあわせていません。
思わず息をのみ、声も出ませんでした。
無言の私を見て、おとがめがないと判断したのか、小さな彼女は再び出発していきました。

タイヤに轢かれた足の痛みと共に、ようやく状況がのみ込めてきました。

スミマセーンと呼び鈴連打の白人のご婦人はこの女の子の母親で、
それに遅れまいと必死においかけていた矢先の悲劇だったのでしょう。
この女の子にはなんの罪もありません。
そもそも、こんな小さな女の子を後方に置き去りにして暴走していくから、事故ったのではないか。
母親が悪い、と気がついて前方を見たときには・・・
母親の自転車は、もうとうてい声も届きそうにない、数十メートル先をチリンチリンと走り去っていました。

そういえば、女の子の「スミマセーン」、母親の「スミマセーン」とそっくりだったなあ、

初めてではないかも・・・・

久々に歩いた六本木。 なんともな朝でした。

小さい虫歯の治療-材料はプラスチックと金属どちらがよいですか?

歯の詰め物をするとき、金属は避けたい。
詰め物は歯の色にと希望されるのは自然のことと思います。
金属は使用期間が長くなると、黒っぽく変色してくるので余計に気になりますよね。

現時点での私の見解は・・・

前歯はほとんどの場合、部分的な修復ならばプラスチック(レジン)でOKです。
変色はしてきますが、結構もちます。

小臼歯や大臼歯の場合
咬み合う面(咬合面)まで含まない、歯の横の面(歯頚部等)であればプラスチック(レジン)で充分OKです。
咬み合う面(咬合面)のみに限局した、面積の小さい部分。これもプラスチック(レジン)でOKです。

お勧めでないケース。
面積の広いケース。
そして咬合面と隣接面(歯の横、隣り合った面)にまたがるケース。

歯質(エナメル質、象牙質)と比較して、プラスチック(レジン)は柔軟性、弾性があります。
面積が広く、咬合力がかかるケースや隣接面を含むケースはお勧めできません。
繰り返し咬合力がかかるにつれて、内部で部分的にはずれて来ているのではと思っています。

この2つのケースでレジンで治療されているのを時々見ますが、
長期に維持されていると思われるケースを私はあまり知りません。これが最大の理由です。

そして、トラブルが生じたとき脱離してくれれば、発見も早く問題は少ないのですが、
内側からカリエスになっても脱離せず、進行してから発見されることが多いのが困った点です。

先日、「そりゃ咬んだら痛い・・・」との記事がありました。
読ませて頂くと「大きな金属インレーは残り少ない歯を歪ませようとする・・」とのことでした。
それならもっと大きな金属のアンレーは?、さらに大きな金属のクラウンは、どうなるのでしょうか?
読み進むと、自費治療のレジン充填をお勧めの記事でした。
この自費治療用の材料の成績はまだよく知りません。
私見ですが広い面積の症例には避けた方がよいのでは・・
(調査すると、この材料を扱っているのは1社のみ。他社開発担当は、様子見とのことでした。)

歯垢、歯石・・,どう違うの?

歯垢歯石、共に良く耳にする言葉ですね。
さて、その違いご存じでしょうか。

歯垢はプラークとも言います。
歯の間や、生え際を爪楊枝で引っかくと、白くてネバネバしたもの取れることがあると思います。
これが歯垢(プラーク)です。
歯垢は食べカスとか、歯の垢(あか)ではなく、細菌のかたまり100%です。

口の中の細菌には、粘着性の物質を出し集合体(コロニー)を作る性質を持つものがあります。
その中に他の種類の細菌も居候して集まった多数の種類の細菌の塊です。
僅か1mgの中に、約300種類、数億~10億個もの細菌が棲んでいると言われています。

歯周病、そして虫歯も、その原因はすべてこの細菌によるものです。 

歯石は、この歯垢が、唾液の中のカルシウムなどのミネラルと結合して硬くなったものです。  歯石になると歯ブラシでは取り除くことができません。 放置すると歯石はどんどん硬くなり、蓄積していきます。歯石の表面はざらざらしていて、歯垢が付きやすいのです。

この歯垢と歯石の連合体が、歯周病の原因となり、さらには動脈硬化、心疾患、糖尿病、など全身疾患の原因にもなってくるのです。

歯周病の罹患率は、20歳代でも約7割、
            30~50歳代は約8割、
               60歳代は約9割と言われています。
 
 何の対策も無しに、歯周病と無縁という人はまずおられないのではないでしょうか。

歯周病の原因は、この歯垢と歯石です。

これらが停滞しない状態を作れば、歯周病の症状は無くなります。
歯垢を取り除くには丁寧なブラッシング、
歯石を取り除くには定期的な歯周のメンテナンス


この2つがとても大切です。

プロフィール

shikai7

Author:shikai7
広島市中区の歯科医師です。
大阪大学歯学部卒業後、阪大歯学部付属病院補綴科に12年勤務した後
広島市中区にて開業。
日本補綴歯科学会 専門医・指導医の立場から、
歯並び・歯周病・虫歯・義歯・・審美歯科まで幅広く疑問に答えていこうと思います。
ホームページ: http://www2.plala.or.jp/OTANIshika/

広島市中区大谷歯科クリニックHP   へのリンク・その他
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ王ランキングに参加中!