小さい虫歯の治療-材料はプラスチックと金属どちらがよいですか?

歯の詰め物をするとき、金属は避けたい。
詰め物は歯の色にと希望されるのは自然のことと思います。
金属は使用期間が長くなると、黒っぽく変色してくるので余計に気になりますよね。

現時点での私の見解は・・・

前歯はほとんどの場合、部分的な修復ならばプラスチック(レジン)でOKです。
変色はしてきますが、結構もちます。

小臼歯や大臼歯の場合
咬み合う面(咬合面)まで含まない、歯の横の面(歯頚部等)であればプラスチック(レジン)で充分OKです。
咬み合う面(咬合面)のみに限局した、面積の小さい部分。これもプラスチック(レジン)でOKです。

お勧めでないケース。
面積の広いケース。
そして咬合面と隣接面(歯の横、隣り合った面)にまたがるケース。

歯質(エナメル質、象牙質)と比較して、プラスチック(レジン)は柔軟性、弾性があります。
面積が広く、咬合力がかかるケースや隣接面を含むケースはお勧めできません。
繰り返し咬合力がかかるにつれて、内部で部分的にはずれて来ているのではと思っています。

この2つのケースでレジンで治療されているのを時々見ますが、
長期に維持されていると思われるケースを私はあまり知りません。これが最大の理由です。

そして、トラブルが生じたとき脱離してくれれば、発見も早く問題は少ないのですが、
内側からカリエスになっても脱離せず、進行してから発見されることが多いのが困った点です。

先日、「そりゃ咬んだら痛い・・・」との記事がありました。
読ませて頂くと「大きな金属インレーは残り少ない歯を歪ませようとする・・」とのことでした。
それならもっと大きな金属のアンレーは?、さらに大きな金属のクラウンは、どうなるのでしょうか?
読み進むと、自費治療のレジン充填をお勧めの記事でした。
この自費治療用の材料の成績はまだよく知りません。
私見ですが広い面積の症例には避けた方がよいのでは・・
(調査すると、この材料を扱っているのは1社のみ。他社開発担当は、様子見とのことでした。)

コメント

非公開コメント

プロフィール

shikai7

Author:shikai7
広島市中区の歯科医師です。
大阪大学歯学部卒業後、阪大歯学部付属病院補綴科に12年勤務した後
広島市中区にて開業。
日本補綴歯科学会 専門医・指導医の立場から、
歯並び・歯周病・虫歯・義歯・・審美歯科まで幅広く疑問に答えていこうと思います。
ホームページ: http://www2.plala.or.jp/OTANIshika/

広島市中区大谷歯科クリニックHP   へのリンク・その他
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ王ランキングに参加中!