歯周病対策。 歯磨剤

巷でよく耳にする「歯垢」とは細菌の集合体、塊です。プラークとも言います。
たまに誤解されていますが、食べ滓の集合ではありません。
この歯垢が硬くなったのが歯石です。
歯石になってしまうと、もう歯ブラシで落とすことができなくなります。

ここで大切な知識。
歯周病は、歯垢(歯石)が存在しなければ存在しません。
歯周病の原因はすべて歯垢(歯石)にあるのです。

従って、歯周病を予防または改善するためには、まずブラッシングが重要と言うことになります。

歯ブラシの時に使う歯磨剤。何がいいのとよく質問がされます。
味気ない答え方だと、何でもいいですよ。お好みの物を。
先生によっては使わなくてもOKとの回答もあり得ます。

歯磨剤
色々薬効成分をうたっている商品がありますが、口の中にあるのは長くても数分間。
大きな薬効を期待するのは難しい所でしょう。

中でも、消炎効果(炎症をしずめる)を強調する製品が目立ちますが・・・。
腫れをしずめる、出血を抑える、歯茎を引きしめる・・・
仮にその通りの効果があっても、原因の歯垢が残っていて治癒するはずがありません。
歯磨剤を選ぶときはこの点をお忘れなく!
逆にきちんと歯垢が除去できるのなら、使わなくてもいいよ・・ということにもなるのです。

ただ、私は少量ですが使ってます!!
長期間使わないでいると歯の表面がざらざらしやすくなります。
これは、これで良くないのではと思っています。
プロフィール

shikai7

Author:shikai7
広島市中区の歯科医師です。
大阪大学歯学部卒業後、阪大歯学部付属病院補綴科に12年勤務した後
広島市中区にて開業。
日本補綴歯科学会 専門医・指導医の立場から、
歯並び・歯周病・虫歯・義歯・・審美歯科まで幅広く疑問に答えていこうと思います。
ホームページ: http://www2.plala.or.jp/OTANIshika/

広島市中区大谷歯科クリニックHP   へのリンク・その他
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ王ランキングに参加中!