洗口剤、マウスウォシュはどうですか?      歯周病  清掃ケア

歯周病の原因は細菌=歯垢、歯石です。これをしっかりと除去するのが最も有効な歯周病対策です。
その基本はブラッシング、そしてスケーリング等により機械的にプラークや歯石を定期的に除去(メンテナンス)することです。


洗口剤
クロルヘキシジンや塩化ベンゼトニウム等の殺菌剤による洗口はポケットの深部までは作用しないとされているものの、歯周病への一定の効果が認められており海外でも評価されています。

実は個人的には、歯周ポケットの中まで効くわけではないということで、これまで積極的には勧めていませんでした

ある患者さん、来院された時点で歯周病が中等度以上進行していました。
その後、熱心にブラッシングに努められ、メンテナンスも継続して来院されているのですが・・
いつまでたっても歯周ポケットの深い部分の改善がみられないで悩んでいました。
セルフケアが十分でない患者さんの症状が改善しないのはなんとも致し方がない面があるのですが、
いつも丁寧にブラッシングされメンテナンスにも来られている患者さんの症状が改善しないのは歯科医としても辛いところです。
 
その後、洗口剤(塩化ベンゼトニウム含有)を併用してみようと処方し始めたところ・・
それまで変化がなかった歯周ポケットが徐々に浅くなりはじめ、歯肉が締まってきたのです。
失われた歯槽骨レベルはそのままですが、歯周ポケットは劇的に浅くなり、その後の歯槽骨のレベルも安定しています。
この効果には正直驚きました。
それからは、同様のケースには処方するようにしているのですが、もちろん効果のある人、あまり変わらない人それぞれおられます。が、ひとつ共通しているのは、多くの患者さんが自身の口腔内の状態の変化を自覚され、継続使用を自ら希望されるということです。(ただし、これは保険治療用の医薬品なので症状のある方、処方の必要のあると認められる方にしか使えません。)

 同等以上の効果が期待されると海外の文献でも述べられているクロルヘキシジン含有の洗口剤が日本でも市販されているのでこれを使うのもよいかもしれません。
一つ残念なのは、その効果が述べられている濃度は0.1~0.2%であるのに対して、日本国内では原液濃度が0.05%以下に規制されており、実際の推奨使用濃度は0.01%程度とのことなので、その効果は限定的かもしれません。

その他の、数多くある洗口剤、マウスウォシュ等、商品名を挙げればきりがありません。
そして、その殺菌成分の種類や濃度等はおそらく低く規制されており、効果はあまり期待できないのではと思っています。

ただし、
歯周病対策の一番の根幹はブラッシング、
そしてスケーリング等により機械的にプラークや歯石を定期的に除去(メンテナンス)することに変わりは有りませんのでお忘れないよう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shikai7

Author:shikai7
広島市中区の歯科医師です。
大阪大学歯学部卒業後、阪大歯学部付属病院補綴科に12年勤務した後
広島市中区にて開業。
日本補綴歯科学会 専門医・指導医の立場から、
歯並び・歯周病・虫歯・義歯・・審美歯科まで幅広く疑問に答えていこうと思います。
ホームページ: http://www2.plala.or.jp/OTANIshika/

広島市中区大谷歯科クリニックHP   へのリンク・その他
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ王ランキングに参加中!