「詰め物・かぶせ物は10年もたない? 治療で歯を失い続けてきた日本人 」ヨミドクター(2017/6/2)

「詰め物・かぶせ物は10年もたない? 治療で歯を失い続けてきた日本人 」
                        ヨミドクター(2017/6/2)

この表題をみて、皆さんはどんなことを感じられますか。

まず、表題の前半を読んで、
ご自分の個々の歯の治療時期を思い出し、10年は経過しているけど大丈夫だろうか?
と思われた方もおられるのではないでしょうか。一応この表題には最後に「?」が付けられていますが・・

さて問題は、この表題の後半です。
「 治療で歯を失い続けてきた日本人 」 これには、怒りさえ覚えます。
これは、どう読んでも治療をすることによって歯を失っていますよ・・という意味になりますよね。
ならば、治療をしない方が良いのか? そんなことは無いですよね。

ところが・・
そのまま鵜呑みにしてしまう読者もおられるのです。
過去にも似たような報道があったのでしょう・・・
笑い話のようですが、
実際治療に来られていた患者さんで、「治療をしないほうが歯を失わずに済むという報告がある」と力説する方が、
治療に来られていて
大変困ったことがありました。
この方は、奇特にも治療に来られたからまだ良かったのですが、
「こう書かれていたから、私は治療には行かない」とする方が、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

実際この記事の中身を読んでいくと 、「治療よりも予防に重点をおきましょう」という至って自然な内容なのですが。
その表題に、こう書いてはいけないでしょう。

読者は、著者は訴えたいことをそのまま表題に表現していると思いがちですが・・・
とくに商業ベースの著作物では、いかにして注意を引いて立ち止まってもらえるかに重点がおかれるようです。
でも、記事の内容に誤解を生ずるような表現はアウトではないでしょうか。
この記事を書いたライターと、その掲載を認めた上司の良識を疑います。


歯の治療は基本的に、自動車の部品のように何年たったら定期的に交換しないといけないという考え方はあまりしません。
ただし定期的なチェックは大切です。

虫歯の原因は歯垢です。
虫歯は、基本的に歯垢の停滞する箇所に出来ます。
虫歯ができた所は、お口の中で基本的に歯垢が停滞しやすい箇所(磨き方、歯並び等・・)であったといえます。
そして、進歩してきたとはいえ人工物の表面、天然歯と人工物の境界の段差とか、
健全な天然歯の表面の平滑さと比較すると、歯垢はやはり停滞しやすくなります。

 虫歯で治療した箇所には、その後より注意してブラッシング等のケアに努められている方は、
 たとえ10年以上経過していても、過度の心配は無用です。
 
 逆に治療済みだからと、従来通りそのまま放置していると数年も待たずに再発するという可能性もない話ではありません。





コメント

非公開コメント

プロフィール

shikai7

Author:shikai7
広島市中区の歯科医師です。
大阪大学歯学部卒業後、阪大歯学部付属病院補綴科に12年勤務した後
広島市中区にて開業。
日本補綴歯科学会 専門医・指導医の立場から、
歯並び・歯周病・虫歯・義歯・・審美歯科まで幅広く疑問に答えていこうと思います。
ホームページ: http://www2.plala.or.jp/OTANIshika/

広島市中区大谷歯科クリニックHP   へのリンク・その他
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ王ランキングに参加中!